最近の特ダネで環境庁の探査データで産後も就業した方が良いと考えている輩がついに半分を超したことが報道されていました。
こういうデータに関して女性が活躍できるような事態が整備されてきているという調査もされているみたいですが、じつはどうかなとお尋ねに思っています。
確かに昔に比べると待機子どもの核心がズームアップされて発展が求められてきている背景として、女性が行ないや水社会にはなってきていることは確かです。
一方高度景気拡大期と異なりリーマン力抜け後は景気が低迷して年収も下がってきてあり、男性だけの販売だけでは生活費を確保することも困難になってきています。
そのためやむをえず共稼ぎしなければならない自宅も増えていることも背景にあります。
淑女の待遇は男性に比べて年収を比べても悪いことは事実です。
海外と比較しても社会で動く人の確率が強国の中でも低グレードなのですが、昔から言われている男性は外部で任務、淑女は自宅を続けるという考え方が根深く残っていることもあることは確かです。

http://www.christophgraupner.info/